BNCT

What's BNCT?

BNCT

BNCT(Boron Neutron Capture Therapy)とは、中性子線と、ボロン製剤を組み合わせた放射線がん治療法です。特定のがん細胞に貯まる特徴を持った薬剤にホウ素を化合させたものを患者に投与し、そこに中性子線を照射すると、ホウ素と中性子線が核反応を起こし、強力な粒子線(アルファ線、7Li粒子)を発生します。この粒子線は半径10ミクロン程度の範囲の細胞を破壊します。これによって、がん細胞のみを破壊し、健常細胞への影響が非常に少ないことが大きな特徴です。

BNCTの歴史

BNCTは、1960年代より臨床研究が行われており、日本が最も多くの臨床研究を行ってきました。主に、京都大学の実験炉で発生した中性子を用いて、京大だけで500例以上の臨床例が報告され、効果が確認されています。しかし、中性子発生の為に原子炉が必要なことから、臨床研究だけで、広く治療に応用されることはありませんでした。 そこで近年、原子炉ではなく、サイクロトロンやRFQ(Radio Frequency Quadrupoles )ライナックといった、大型の加速器を用いた中性子源から発生した中性子線でBNCT治療を行う試みが進んできました。しかし、いずれも加速器も10m程度の長さの加速管を持つ大型の施設であり、設置に専用の遮蔽建屋が必要などコストが高いのが課題でした。

小型化技術

BNCT

当社では、中性子を発生させるための加速器の大幅な小型化に成功しました。これまでの大型加速器中性子源では、数MVから数十MVといった非常に高い電圧で加速したイオンをLiやBeといった金属に照射し、中性子を発生させるものでしたが、加速電圧が高いことから、大型の加速装置が必要でした。これに対して、当社の加速器は、重水素(D)に100-400kVといった比較的低い電圧で加速した重水素イオンをぶつけて核融合反応(DD反応)を起こすことで、中性子を発生させています。加速電圧が、従来方式の1/100程度であることで、非常に小型(長さ約40cm)の静電加速器で中性子を発生できます。DD反応はよく知られている反応ですが、この反応によってBNCT治療に必要な中性子線量を発生させるには非常に多くのイオンを当てる必要があり、100-400kV、100-500 mAといった電圧、電流が発生可能な電源が必要であり、これまでこのような電圧、電流を発生可能な電源は実用化されていませんでした。 当社では、この高電圧、大電流の電源を実用化することで、この小型の加速器で十分な量の中性子を発生させることに成功しました。また、低加速電圧、小型化によって、装置の自己遮蔽を実現しました。低加速電圧であることから装置から発生する放射線エネルギーが小さく、従来の大型加速器に比べて薄い遮蔽で放射線を遮蔽することができます。また、装置が小型であることから装置そのものを遮蔽層で包むことで、別途建物で遮蔽する必要はありません。通常のレントゲン室程度の遮蔽能力の部屋に設置することができ、専用の建物の建設が不要です。

多門照射技術

BNCT

加速器が小型であることから、複数の方向から中性子を照射する装置が実現できます。これを多門照射と呼んでいます。これまでのBNCTは1方向からのみ中性子を照射していましたが、この方式では、体表面から5センチ程度の深さまでしか治療に十分な量の中性子を照射することができませんでした。これに対して、多門照射では、一度に6-10台(方向)の中性子源から中性子を照射することで体の深部まで十分な量の中性子を照射することができます。例えば、一方向からの照射で、体表面で10の強さの中性子を照射できる中性子源を使って照射し、体の深部で1の強さまで減衰する場合でも、10方向から同時に照射することで、体の深部にも10の強さの中性子を照射することができます。この多門照射技術を用いることで、体表面から25cm程度の深さまで十分な量の中性子を照射可能です。

京都府立医科大プロジェクト

2016年11月22日に、京都府・ローム株式会社・京都府立医科大学・福島SiC応用技研株式会社の4社で、プレス発表を行い、

1. 最先端のがん治療の発展を目指し、京都府立医科大学と福島SiC応用技研株式会社が、ローム株式会社のSiC を活用したBNCTに必要な治療機器 (SiC-BNCT機器) の研究開発を実施する。

2. 研究開発の成果を踏まえ、最先端のがん治療を行えるよう、SiC-BNCT機器及び建物をローム株式会社が京都府に寄附する。BNCTに必要な治療機器の研究開発の実施および、SiC-BNCT機器及び建物をローム株式会社が京都府に寄附する

の2点について基本合意したことを発表しました。 この合意に基づき、当社はSiC-BNCTの開発を進め、2020年中には京都府立医科大学への臨床試験機の納入を計画しております。